工事手順/流れ(基本)

取り外し工事編

  1. お部屋内をマット・布団で養生。

  2. (強制)冷房運転を行い、ポンプダウン準備。

  3. ポンプダウン開始(室外機内に冷媒ガスを戻す)。

  4. 配管・エアコンの取り外し(配管パイプ、ドレン、ケーブル)。

  5. 配管・エアコンの養生。

  6. 壁の配管穴を塞ぐ(専用キャップ、パテ)。

  7. 完了

取り付け工事編

  1. お部屋内をマット・布団で養生。

  2. エアコン設置位置決めと壁、配管穴開け(開いていない場合)。(※1)

  3. 背板の取り付け。

  4. 室内機への配管(フレア加工済)接続。(※2)

  5. 配管納め、長さの調整。

  6. 室外機への配管接続。

  7. 真空引きと試運転(※3)

  8. 完了

※1.配管穴(スリーブ)工事について

戸建住宅の穴あけ工事で気を付けなければいけないのは柱や筋交い(ブレス)です。

家の強度をつくる柱や筋交いですが、エアコンの穴の位置と重なることが多く、穴をあける位置を間違えるとこれらにぶつかってしまいます。筋交いが切られていたり、無理やりそれらを避けて配管を通していたりする現場もたまに見ます。下調べをせずに穴をあけてしまったことが原因です。

※2.配管パイプついて

配管パイプは新品、配管に限らず、新規に(フレア)加工し接続する必要があります。当社では中古配管でも無料にてフレア加工します!

※3.真空引きついて

エアコンに接続した配管パイプ内部にある空気(水分)を除去する作業です。真空にし沸点を下げることで水蒸気化した水分を追い出し、配管内部を冷媒ガスのみで満たすために必要な作業です。真空引き作業を省いたり、うまく行えないと内部の水分が氷となり、エアコン故障につながることがあります。